So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

国母選手が帰国、身なり整え「分かんないっす」(読売新聞)

 出国時の乱れた服装が問題となったバンクーバー五輪スノーボードの国母和宏選手(21)が21日、成田空港に帰国し、同僚選手らと記者会見した。

 会見では冒頭、全日本スキー連盟の林辰男理事が服装問題に触れ、「ご迷惑、ご心配をかけたことを競技本部の一員として謝罪したい」と述べた。

 シャツのすそをズボンに入れるなど整った身なりで帰国した国母選手は、「五輪で得たもの」を聞かれ、数秒間考えた後、「ちょっと、分かんないっす」と小声で答えた。今後のスケジュールについては「言えないです」と述べるにとどまった。

住宅火災2人死亡 埼玉・越谷(産経新聞)
<未成年後見人>施設入所児らへ選任、134人 過去20年(毎日新聞)
高級ホテルのスイートで乱交パーティー開催 売春防止法違反容疑で元俳優を逮捕(産経新聞)
アップル、高田社長が引責辞任(レスポンス)
高木美帆のご近所のすし屋「ミポリン巻きずし」考案中(スポーツ報知)

平野官房長官「長崎県知事選に政治とカネ影響あった」(産経新聞)

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことに関する鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題の影響について、「少なからずそういう影響があったことは否定できない」と述べた。

 ただ、平野氏は「地方選挙なので、参院選と直接は大きくリンクしているとは思っていない。国政に直結することではない」とも語った。

【関連記事】
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め
鳩山首相、長崎知事選結果「政治とカネが影響」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
負けたら小沢進退問題 民主、地方選でなりふり構わぬ異例人事
長崎知事選、町田市長選にやきもきする民主

藤田まことさん死去 逆境にも涙をのんで仕事人(毎日新聞)
<アパート火災>2人が心肺停止 4歳と2歳の姉弟か 宮城(毎日新聞)
育てたジャガイモ食べて、児童11人食中毒(読売新聞)
クルーズ船 世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
登校の児童5人、校庭で犬にかまれけが(読売新聞)

「山本病院」手術死事件、逮捕の元主治医が病死(読売新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で2006年、肝臓の腫瘍(しゅよう)摘出手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元主治医の塚本泰彦容疑者(54)が25日朝、拘置中の県警桜井署2階留置場で倒れているのを署員が見つけた。

 塚本容疑者は病院に搬送されたが死亡した。県警は病死とみて、死因を調べている。

 県警によると、塚本容疑者は同日午前7時頃に起床し、洗面を済ませて留置場個室に戻った。その後、うめき声が聞こえ、署員が見に行ったところ、倒れて意識がないのを発見。すでに心肺停止状態だった。

 塚本容疑者は、ここ数日、睡眠や食事をとれない状態が続いていたといい、24日には病院で点滴を受けていた。

 塚本容疑者は、同病院元理事長の山本文夫被告(52)(詐欺罪で実刑判決を受けて控訴中)と6日に逮捕され、26日に起訴される予定だった。

<首都圏連続不審死>焼死の夜、180万円下ろす 木嶋被告(毎日新聞)
普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)
<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)
<普天間移設>石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)
<普天間移設>石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)

空自千歳基地でF15の20ミリ訓練弾破裂(読売新聞)

 23日午前9時35分頃、北海道千歳市の航空自衛隊千歳基地の弾薬作業所で、F15戦闘機用の20ミリ訓練弾を保管する作業中、訓練弾(長さ約17センチ)1発が破裂、男性3曹(23)の右手に弾の破片が突き刺さり軽傷を負った。

 空自によると、3曹は、戦闘機用の装てん装置から抜き取った訓練弾を100発ずつ木箱に入れ、積み上げる作業中で、積みあげて2、3秒後、箱の中で1発が破裂したという。空自は、箱を積んだ際の衝撃か静電気が原因とみて調べている。

 事故があったのは、訓練弾や実弾を詰め替えたり、空対空ミサイルなどを組み立てたりする作業所。事故当時は多数の弾薬があったが、ほかの弾薬に誘爆することはなく、周辺民有地にも影響がなかった。

 同基地第2航空団広報室は「原因究明を急ぎ、再発防止に努めたい」としている。

子ども手当に異論相次ぐ=衆院予算委が地方公聴会(時事通信)
三原じゅん子、参院選出馬へ…自民比例で擁立に向け調整(スポーツ報知)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(4)(産経新聞)
事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣(読売新聞)
<福知山線脱線>検審、遺族と検察官から聴取へ(毎日新聞)

病院建設現場でクレーン横転…1人重体(読売新聞)

 22日午後2時35分頃、長野県駒ヶ根市下平の県立駒ヶ根病院本館棟建設工事現場で、工事用のクレーンが倒れ、1人が下敷きになったと119番があった。

 伊南消防行政組合本部によると、工事関係者とみられる男性4人が、同市内の病院に運ばれたが、1人が意識不明の重体で、3人は軽傷の模様。

衆院予算委 自民、「ポスト鳩山トリオ」狙い撃ち(産経新聞)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)
練馬で火災、2幼児死亡 「中に子供が」泣き叫ぶ母親(産経新聞)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
社民・国民新の移設案提示先送り…調整つかず(読売新聞)

<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)

 働き盛りのサラリーマンの糖尿病対策の実態を調べるため、独立行政法人「労働者健康福祉機構」が国内企業を対象とした初の調査を実施する。糖尿病患者の多くは、30〜40代で血糖値が上昇し、発症するとされる。しかし、働いている人は仕事が忙しいなどで、治療の継続が難しく悪化させがちだ。同機構は、働く糖尿病患者・予備群の治療や勤務の実態を明らかにし、就労と治療の両立を実現する職場ガイドライン作成を目指す。

 調査では、糖尿病の治療や予防対策が必要な社員数、治療実績や検査値の推移の把握状況、勤務形態などを尋ねる。来月下旬ごろから東証、大証、名証の1、2部上場企業約5000社に調査票を配布、続いて中小企業約1万社にも広げる。

 軽い糖尿病や予備群は自覚症状がなく、治療の継続が難しい。一方、多くの企業は、健康診断で異常値が見つかっても受診を促すだけで、通院状況や血糖値の推移までは把握していないという。

 調査の計画に携わった堀田饒(にぎし)・中部労災病院長は「調査で実態を把握し、治療と仕事が両立できる職場環境づくりを提言したい」と話す。【永山悦子】

 ◇国内の糖尿病患者

 07年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、患者は約890万人、血糖値が異常値ではないものの正常値を上回る予備群が約1320万人となり、患者と予備群で計約2210万人、10年前の1.6倍に達した。

【関連ニュース
<写真特集>世界糖尿病デー 各地でブルーライトアップ
<特集>糖尿病講座
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
メタボ健診:腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で

<松戸女子大生殺害>竪山容疑者を強盗殺人容疑などで再逮捕(毎日新聞)
グリーンジャンボ販売、銀座で200人行列(読売新聞)
<岐阜県>職員の新規採用凍結を撤回…知事が組合に伝える(毎日新聞)
<折りたたみ自転車>5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)
不合格の7人、大学HPで合格と表示ミス(読売新聞)

はしかワクチンの接種率伸びず(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月17日、昨年度から5年間に限ってはしかワクチンの2回目定期接種の対象にしている中1生(第3期)と高3生(第4期)の昨年4-12月の接種率がそれぞれ65.8%、56.6%にとどまったと発表した。国は、はしかワクチンの接種率95%以上を目標にしているが、前年同期比でそれぞれ0.3ポイント、1.5ポイント減少した。

 厚労省の集計によると、中1生の都道府県別の接種率は、茨城の91.8%が最高で、以下は福井87.6%、富山85.7%、栃木82.3%などと続いた。一方、最低は高知福岡の53.6%。埼玉の54.7%、大阪と神奈川の54.9%なども低かった。

 高3生の最高は福井の81.4%で、以下は山形78.0%、佐賀77.9%などの順。一方、最低の神奈川は36.3%と、4割を割り込んだ。

 2012年度までのはしか排除を目指す国の「麻しん排除計画」では、2回目の接種率95%以上を目標に掲げ、従来の1歳児と小学校入学1年前の幼児に加えて、中1生と高3生の年齢相当者を定期接種の対象にしている。昨年度の最終的な接種率は中1生が85.1%、高3生が77.3%と、共に目標を大きく下回った。

 厚労省の担当者は、ワクチン接種率が伸びていない理由について「新型インフルエンザの影響もゼロではない」と話している。


【関連記事】
はしか排除対策、減速に危機感−患者の親の会
はしかワクチン未接種の中高生に学校関係者が勧奨を
はしかワクチン接種、昨年度は目標に届かず
学校のはしか対策でガイドライン
はしかワクチン、確実な2回接種を

外国人参政権「安全保障上の議論ある」 首相、問題点指摘(産経新聞)
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円−兵庫県警など(時事通信)
船長2人を逮捕=位置情報切った疑い−海保(時事通信)
<金嬉老事件>現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)

首相動静(2月9日)(時事通信)

 午前6時9分、松野頼久官房副長官が入った。同20分、松井孝治官房副長官が加わった。
 午前8時4分、松野氏が出た。同21分、平野博文官房長官が加わった。
 午前8時45分、平野、松井両氏が出た。同50分、公邸発。「きのう小沢一郎民主党幹事長に『頑張ってください』と言ったということだが」に「頑張ってくださいという言葉は使っていない」。同51分、国会着。同53分、民主党代表室へ。同56分、同室を出て衆院第1委員室へ。同9時2分、衆院予算委員会開会。
 午後0時13分、衆院予算委休憩。同15分、衆院第1委員室を出て、同17分、国会発。同18分、官邸着。同19分、執務室へ。
 午後0時30分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時47分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時5分、執務室を出て、同6分、官邸発。同7分、国会着。同9分、衆院第1委員室へ。
 午後1時41分、衆院予算委再開。
 午後6時16分、衆院予算委散会。同18分、衆院第1委員室を出て、同19分、院内大臣室へ。
 午後6時24分、閣議開始。
 午後6時43分、閣議終了。同44分から同45分まで、福島瑞穂消費者・少子化担当相、平野官房長官ら。同46分から同7時2分まで、平野、松井正副官房長官。同3分、院内大臣室を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後7時25分、執務室を出て、同26分、小ホールへ。同27分から同33分まで、報道各社のインタビュー。「石川議員が会見で、議員辞職や離党をしない意向を表明したが」に「近いうちにこういった党務に関しては、小沢幹事長が石川議員に会うことになっているから、そこで判断が下されるのではないか」。同34分、小ホールを出て執務室へ。
 午後8時19分、執務室を出て、同20分、官邸発。同21分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

<全日空機>副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半(毎日新聞)
<東大寺>次期同宗管長に北河原院主を選出(毎日新聞)
大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)
「高値で売れる」と中国のゴルフ場会員権販売 詐欺容疑で11人逮捕(産経新聞)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。