So-net無料ブログ作成

差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満(医療介護CBニュース)

 入院時に特別の療養環境を提供するため、患者の同意の下、医療機関が保険適用の範囲外で請求できる「差額ベッド料」について、急性期病院の全病床に占める差額ベッドの割合は18.2%(約9.1万床)だったことが、医療関連マーケティングなどの「ケアレビュー」(東京都品川区)が実施した調査で明らかになった。

 調査は、全国のDPC対象病院とDPC準備病院のうち、同社が各都道府県の医療機能情報提供サイトで差額ベッドの有無を確認できた1399病院(カバー率89.9%)を対象に実施。今年4月1日現在の情報を基に、全病床(約50万床)に占める差額ベッドの割合や各都道府県の差額ベッド料を集計した。

 各病院の全病床に占める差額ベッドの割合を調べたところ、「10%以上」が36.8%(515病院)と最も多く、次いで「20%以上」(24.0%、336病院)、「10%未満」(19.7%、276病院)などの順。30%以上は全体の16.0%にとどまった。これを都道府県別で見ると、トップは愛媛県の26.8%で、逆に最も低かったのは沖縄県の4.1%だった。
 また、差額ベッド料の最高額と最低額の平均値を算出した結果、最低額は4015円、最高額は1万4980円だった。いずれも最も高かったのは東京都で、最低額は6097円、最高額2万6875円。逆に最も低かったのは、最低額は福島県(2032円)、最高額は富山県(3587円)で、大都市圏で高い傾向が見られた。

 病院の全病床に占める差額ベッドの割合は、民間病院50%以内、公立病院30%以内などと厚生労働省告示で定められている。差額ベッド料は医療機関側が自由に決めることができるが、患者の同意なしで請求することはできない。


【関連記事】
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施
女性看護師の7割、「有給休暇の買い上げ」希望
ワークシェア希望の女性看護師が約8割
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示

舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)
ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件−仙台家裁(時事通信)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
【産科医解体新書】(84)塩分取りすぎ どう防ぐ(産経新聞)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。